技術考査

技術考査

根拠法令 調理師法施行規則(昭和33年厚生省令第46号)第18条
趣旨 調理師は、調理師免許を取得した後も、自ら職業人として調理に必要な知識を深め、調理技術等の研さんに努めることが必要で、その励みとするため、調理師学校で修得した知識の認定に係る試験として、「技術考査」を実施している。
これに合格すると、調理技術技能評価試験の学科試験が免除される。
受験資格要件 <受験資格>
調理師学校の生徒で卒業が見込まれる者

<試験科目>
1.食生活と健康 2.食品と栄養の特性 3.食品の安全と衛生 4.調理理論と食文化概論 5.調理実習(総合調理実習を含む)

※平成26年9月までに調理師学校に入学した場合の試験科目は、 1.食文化概論 2.衛生法規 3.公衆衛生学 4.栄養学 5.食品学 6.食品衛生学 7.調理理論 8.調理実習 の計8科目。
技術考査の詳細についてはこちら
実施主体 調理師学校の長
※公益社団法人全国調理師養成施設協会は、調理師学校の長の委託を受けて技術考査を実施している。
  • 作ってみよう