調理師養成施設向け自己点検・自己評価フォーマットを新指導要領に対応させました。

2014年12月1日

 教育機関の自己点検・自己評価は、平成19年6月の学校教育法及び学校教育法施行規則の改正により、教育活動その他の学校運営の状況について評価し、その結果に基づいて学校運営の改善を図るために必要な措置を講じることによって、教育水準の向上に努めることとなったものであります。

 協会は、調理師養成施設の適正な運営の推進を図るため、平成21年度において、調理師養成施設を対象とした自己点検・自己評価フォーマットの作成に着手し、各養成施設が独自で実施している自己点検・自己評価に関する資料などを基に、設問項目をまとめるとともにフォーマットを整理し、平成24年11月よりExcelデータで公開しております。

 この度、調理師養成施設指導要領が改正されたことに伴い、点検・評価項目について見直しを行い、同フォーマットを平成27年4月1日に施行される新指導要領対応版として作成いたしました。

 同フォーマットは、養成施設の判断でその全てまたは必要な項目を抽出して活用できるものとしており、教育活動その他の学校運営の状況についての評価、点検等にご活用下さい。

 

→エクセルのファイルのダウンロードはこちらから

協会編集図書紹介

技術考査

食育インストラクター認定登録制度

求む!食品製造メーカー

全調協後援イベント

Copyright © Japan Association Of Training Colleges For Cooks All Rights Reserved.