公益社団法人 全国調理師養成施設協会 公益社団法人 全国調理師養成施設協会 公益社団法人 全国調理師養成施設協会

Works 実技検定

実技検定とは

全調協は、各調理師養成施設で履修した調理技術のレベルを統一した基準により客観的に認定する全調協実技検定制度を、令和2年7月1日に創設しました。
現在この実技検定はグレード1,2の2等級あり、それぞれの検定に合格した学生には認定証を交付します。
この実技検定により、学校に関係なく、調理師養成施設を卒業した個人個人の習得技術がどの程度のレベルであるかが可視化されるため、調理師をめざすに当たり、実力をアピールできるメリットのある検定です。

実技検定実施要領

※「別紙」及び「様式」は省略



リーフレット 受検者用リーフレット

実技検定の流れ

概要

受検場所 在学する調理師養成施設
受検日時 在学する調理師養成施設が指定する日時
検定の種類 グレード1(基本課題)
グレード2(応用課題/料理部門別・日本料理、西洋料理、中国料理)
受検資格 グレード1 : 「礼儀及び衛生観念」の確認項目をクリアしていること。
グレード2 : グレード1に合格していること。
合格判定基準 「全調協実技検定制度実施要領」のとおり
合否結果 当該調理師養成施設から受検者に通知
認定証

受検申請方法

下図にしたがって申請する。



提出様式 養成施設提出書類(養成施設→協会) 提出方法
① 様式3 全調協実技検定受検申請書 (受検者が養成施設へ提出し、養成施設が保管する。) ※協会への提出不要
② 様式1 全調協実技検定計画届 郵送
③ 様式4 実技検定認定証交付申請書 郵送
④ 様式5 実技検定認定証交付申請者名簿 郵送
(USBメモリー、CD、DVD等に保存)
⑤ 様式2 全調協実技検定報告書 郵送

実技検定認定証再交付・書換交付申請

実技検定認定証の再交付又は書換交付を申請する場合は、卒業した養成施設に連絡し、
養成施設から下記の書類を当協会へ提出してください。



提出書類等
実技検定認定証書換・再交付申請書
① 再交付料又は書換交付料(1,000円)の振込通知書の写し 
② 実技検定認定証原本(書換交付の場合)
③ 戸籍抄本の写し(戸籍変更の場合)
④ 返信用封筒(角形2号封筒に、送付先住所・氏名を記述し、140円切手を貼付)

※②と③は必要に応じて提出してください。